So-net無料ブログ作成
テレビ ブログトップ

ビッグフットの正体は!?テレ東の衝撃ストーリーがあまりにも衝撃だった [テレビ]

衝撃過ぎるので


書きます(笑)

ビッグフットの話がすばらしかった(笑)

いや、ビッグフットってヤラセだ、で話が終わってたじゃん。

それをまた蒸し返してどうするの(笑)

ビッグフット研究をやってる科学者とか、なかなかウサン臭いメンツが「調査隊」と称してビッグフットを追う話でした。

で、4人しかいないの(笑)

ビッグフットの研究は進んでいるらしく、木を叩くと友好的表現、とか。

あと、ビッグフットはウサギに興味があるそうで。

つかさ、研究対象の実在が証明されていない状態でなんでそんなことわかるの(笑)

そういうのは「希望的観測」って言うよね!!


恐るべし、ビッグフット研究


で、ビッグフットは主食なんなんでしょう?

2~3mで体重300kgってことらしいから、たぶん肉食でしょうね。

まあ、草食だとしてもゴリラみたいに結構強いハズですよ。

襲われたら人間なんてあっという間にKILLでしょうね。

が。

この調査隊の面々、武装してないんだよな(笑)

ライフルくらい抱えているかと思ったんだけど。

未知の生物に対して、あまりにも無防備すぎでしょうに。

あと、足形とかとったやつら。

お前らは毎日足形をとるキットを持ち歩いているのか?

釣りしてるって言ってたじゃん。

さらにその前に他の人がそのへんは足場が悪いのでめったに釣りしてる人とかいない、っていってたじゃんか。

もうね、ツッコミどころ満載過ぎ。

夢がないのかなあ、ジブン。

いやいや。さすがにこの「調査隊」はなかったわ~~

なんかビッグフットごっこして遊んでいるたのしいオトナたち、としか見えなかったっす。

引用
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140813-00032273-crankinn-ent

 テレビ東京で8月13日、約4時間ぶっ通しのホラー番組企画「真夏の恐怖と衝撃映像4時間スペシャル」が放送される。

【関連】「死ぬまでに見るべきホラー映画20本」発表、唯一選ばれたJホラーは何?


 この企画は『最恐映像ノンストップ【真夏の恐怖と衝撃映像スペシャル!】』と『世界の衝撃ストーリー【真夏の恐怖と衝撃映像スペシャル!】』の2番組で構成。

 前半の『最恐映像ノンストップ』(1部:18時57分~19時55分/2部:19時59分~20時54分)では、背筋も凍る実話と再現映像や映画やニュースの中で発生した怪奇現象などを紹介。MCの中山秀征、ゲストの高田延彦・土田晃之・鈴木奈々・武田梨奈・秋元玲奈(テレビ東京アナウンサー)。

 後半の『世界の衝撃ストーリー』(20時58分~22時48分)では、ナビゲーターとして椎名桔平を迎え、“悪霊に憑りつかれた息子と父親”や“世界最古のミイラ・アイスマンの呪い”、“未確認生物ビッグフットの調査”など、実際に世界で起きた衝撃のストーリーを紹介していく。

 テレビで観られる機会が少なくなったホラー番組。テレビ東京で放送される4時間の恐怖を通し、夏を感じてみてはいかがだろうか。

おーい!はに丸ふっかつ!! 大人向け番組として [テレビ]

ジブンですね、おーい!はに丸って見たことないんですよ。

放映されていたのが1983年4月から1989年3月なわけですが。

中学~大学までの期間なので、ちょうど中二病をこじらせている頃です。

テレビ自体から離れていた、とも言います。

しかしながら、ジブンの姉がず~っと「はにゃ?」ってマネしていたんですよ。

なのでよく見ていた、という間違った記憶が植え付けられていた模様です。

 

「おーい!はに丸」って、たしか邪魔大王国(じゃまたいおうごく)が日本の支配を目論んでて、その手先であるハニワ幻人の話・・・・・・・。

ではないですね。

それは鋼鉄ジーグでした。

そもそも、鋼鉄ジーグも放送されなかったから見ていなかったんでした。

 

で、おーい!はに丸の話ですが。

今年の8月13日にふっかつですよ。

「はに丸ジャーナル」という大人向け番組として、時事問題などに鋭く迫っていくのでしょう。

「はにゃ?」って言いながら。

 

はに丸の声優さんは田中真弓さんですね。

「ドラゴンボール」のクリリンや、「ワンピース」のルフィで有名ですが、

ジブンとしては「ダッシュ勝平」の勝平役のほうが印象が強いです。

あれ、この頃ってたしかおーい!はに丸が放映されるかされないかくらいの時期のはず・・・・。

また記憶がこんがらがってきたぞ。


TOKIOどうする! あきおさんの葬儀執り行われる [テレビ]

日曜日の夜は家族と一緒に「ザ!鉄腕!DASH!!」を見ることになっています。

なっています、というか、自然にそうなったというか。

当初娘二人はこういう泥臭い番組は好きにならないのでは?とも思っていましたが、

一応TOKIOがアイドルであること、内容が面白いことで見るようになりました。

DASH村のコーナーも、虫が嫌いな娘達は最初顔をしかめていましたが、

食べ物などをつくることの大変さ、大事さを学んでいったと思います。

いや、実際にやらないとわからないことばかりだとは思うんですけどね。

DASH村のコーナーで有名な「あきおさん」こと三瓶明雄さん。

残念ながら6月6日、84歳で亡くなりました。

死因は急性骨髄性白血病だそうです。

"TOKIO"ならぬ"AKIO"としてTOKIOの6人目のメンバー、

なんて言われていたほどですよね。

それだけTOKIOメンバーの悲しみも深いものがあるでしょう。

下の記事中にもありますが、ホントに息子のようにTOKIOメンバーの

指導に当たってましたもんね。

最近のDASH島ではあきおさんがいなくても、いろんなものを作ったりしていますよね。

あきおさんの指導の賜物、なんでしょう。

 

そういえば、DASH村以降あんまり出演がなかったあきおさん、

たまに登場する回があると、娘達も喜んでおりました。

みんなに愛されたあきおさん。

天国でも後身の育成など、きっとがんばることでしょう。

でも、寂しいなあ・・・・・・。

 

ときおり肩を震わせながら、TOKIOのリーダー・城島茂(43才)は、棺の中で安らかに眠る“DASH村の父”の顔を覗き込み、別れの言葉をかけながら大粒の涙を流していた。

6月9日、『ザ!鉄腕!DASH!!』(日本テレビ系)の人気コーナー『DASH村』で、“農業の達人”としてTOKIOの指導役を務め、6日朝に急性骨髄性白血病のため亡くなった三瓶明雄さん(享年84)の通夜が福島市内の斎場で、しめやかに執り行われた。

200人ほどが集まった広い会場の祭壇には、山のようにかたどられた青々とした木々と、たくさんの白い花やひまわりに囲まれ、トレードマークの白い手ぬぐいを頭に巻き、青空をバックににっこりと笑顔を浮かべる三瓶さんの遺影が飾られていた。

会場へと続く通路には、何十枚もの写真が並べられ、そのほとんどが、三瓶さんの人生ともいうべき、農作業に勤しんでいる姿だった。

喪服姿でその会場に現れた城島は、14年に及ぶ三瓶さんとの交流を、ひとつひとつ思い出すように語りかけていたのだろう。

三瓶さんの知人が、こう振り返る。

「『DASH村』に出演するようになった直後に、三瓶さんは奥さんを亡くしました。大事な人を失い、子供たちも独立していたため、ひとりになってしまった。三瓶さんは憔悴しきっていました。でも、『DASH村』にかかわっていたおかげで“大変な時期だったけど、村に新しい生きる目的を見つけられた”“一生懸命な彼らに教えるのが、すごく楽しい”なんて嬉しそうに話していました」

70才を超えてから見つけた、新たな生きがいだった。

そんな三瓶さんだが、仕事に対する厳しさも持ち合わせていた。口癖だった「まだまだ」という言葉。これは「満足したら、それ以上向上しない」という思いからで、どんなにいい仕事ができたと思っても「まだまだ」と言うようにしていたという。

その思いは、TOKIOのメンバーにも伝わり、彼らは多忙のなか、車で往復8時間の道のりを10年以上通い続けた。そんな5人に対し、三瓶さんはこんなことを語っていた。

「最初はみんな小さな虫を怖がっていたほどだったけど、一生懸命勉強して、今ではとても頼もしい存在になったね。息子に教えている感じだよ」

“5人の息子たち”も三瓶さんを「明雄さん」と呼び、父親のように慕った。彼らはコンサートに三瓶さんを招待、三瓶さんも自宅の自分の部屋には、TOKIOのポスターを飾っていたという。

※女性セブン2014年6月26日号

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140612-00000002-pseven-entより引用


テレビ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。