So-net無料ブログ作成
検索選択

ロビン・ウィリアムズさん死去。安らかに [映画]




スポンサーリンク





急な訃報に驚く


ロビン・ウィリアムズさんが亡くなりました。

自宅で、自殺したとのこと。

ずっと鬱病やアルコール中毒と闘ってきていたそうです。

とても、いたたまれない気持ちになりました。

遺作は今度公開のナイト・ミュージアム3ということになるんでしょうか。

それにしても、残念です。


コメディアンって


頭が良くないとできないですよね。

したの引用記事にもあるように、とにかく頭の回転が速かったのでしょうね。

やっぱり天才だったのでしょう。

そんな天才でも悩みや苦しみが大きかったのだろうなあ。

本当に、残念です。

クレジットに彼の名前があるだけで圧倒的な安心感があったのに、なあ。

ご冥福をお祈りいたします。

引用
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140812-00010000-ssonline-movi

 インタビューの名手として知られる、映画ライターの金子裕子さん。これまで取材したスターは星の数ほど、というベテランです。そんな金子さんが実際に会って感じた“スターの素顔”を、StereoSoundONLINE独占でお届けします。

 今回は突然の訃報を受け、2012年10月にStereoSoundONLINEで公開したロビン・ウィリアムズの回を掲載します。編集部一同、心よりご冥福をお祈りいたします。(StereoSoundONLINE編集部)



 いろいろな映画スターや監督にインタビューをしていると、話を聞いている最中は大いに盛り上がるのだが、いざ原稿を書くとなると頭を抱える場合もある。ロビン・ウィリアムズはその最たる例だ。

 とにかく、マシンガントークでジョークをしゃべりまくり、さらに形態&声帯模写を連発。さっき日本のテレビで見た総理大臣やCM、大好きな相撲の力士から行司の物まねまで。映画に関する質問にも、最初は真面目に答えるのだが途中からは、監督や共演者の物まねに終始。まるでシチュエーションコメディを見ている楽しさだ。正直「こんなおもしろい芸をタダで見ていいのかしら?」と思ってしまうほどだ。

 しかし、そのツケは、原稿を書くときに回ってくる。文字でその様子を書いたところで、おもしろさは絶対に伝わらないのだから。ライヴで見て、ナンボなのだから。さすが、スタンダップ・コメディアン出身の、演技派である。

 ロビンが俳優として脚光を浴びたのは82年の『ガープの世界』。でも、私が素晴らしい俳優だと認識したのは5作目の出演作でオスカー候補にもなった『グッドモーニング,ベトナム』(87年)だ。

 ベトナム戦争下のサイゴンで、米軍向けのラジオのDJを演じたロビンは現地の少年と交流を持ち、美しい娘と恋をして、裏切られる。ルイ・アーム・ストロングが歌う『ワンダフル・ワールド』をバックに、死体が横たわる田園に呆然と立ち尽くすそのまなざしは、深い悲しみと虚無感が漂い、人と人が殺し合うことの言いようのない愚かさを体現していた。


スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。